• トップページ
  • 工法紹介
  • 施工事例
  • 会社案内
  • お問い合わせ
工法紹介

作業構台架設・解体工事(その他各種工事)

作業構台・乗入桟橋とは、建設機械の作業スペースや工事用車両の通行、資材の仮置スペース等を確保するための、仮設橋梁の総称で建築・土木の分野を問わず広く施工されています。作業場内の建設機械の施工能力、台数から必要となる構台のスペースを計画します。また、道路工事等においては路面を一時的に覆工し、一般車両の通行の妨げとならないよう路下での地下工事を行うために設置します。

施工例写真

このページの先頭に戻る