• トップページ
  • 工法紹介
  • 施工事例
  • 会社案内
  • お問い合わせ
工法紹介

全旋回工法

ハイパワー型 RT-200H

全旋回工法は、転石のある地盤や岩盤における場所打ち杭の施工、大深度の掘削施工を始め、地中障害物の切削・撤去にも威力を発揮し、近年ではその実力より、鋼管回転圧入工法にも広く利用されています。

工法特徴

  1. 建設機械化技術・技術審査証明を取得
  2. 岩盤・転石の多い地質にも強い
  3. ビット荷重・回転トルクの自動制御
  4. 地中障害物を確実に切削
  5. 施工管理へのアシストとなる信号取り出し

主な仕様(RT-200H)

チェービング装置本体 RT-200H
掘削口径 1,000mm~2,000mm
ケーシング引抜力 3,450kN(352tf) 瞬時3,940kN(402tf)
ケーシング押込力 最大590kN(60tf)+ 自重250kN(26tf)
押込ストローク 750mm
回転トルク 2,950/1,740/1,010kN-m(301/177/103tf-m) 瞬時3,130kN-m(319tf-m)
回転数 0.9/1.5/2.5min-1
質量 134.1≪35.8≫ton
※サブチャック(オプション)装備時の質量を≪ ≫に示します。
油圧パワーユニット RTP-3H
エンジン名称 日野 P11C-UP
エンジン出力 257kW(350ps)/1,850min-1
質量 7.3ton(含、オイル、燃料他)
寸法(L×W×H) 4,800mm×2,100mm×2,112mm

 

このページの先頭に戻る

施工例写真

このページの先頭に戻る